40歳でバイト生活という悲劇

40歳でバイト生活

サラリーマン

 

 

40歳でバイトしている人は大きく分けて
2種類います。

 

もともと正社員だったが何らかの事情(リストラ)で正社員をやめざる得ない状態に陥り、バイトをしてるひと。正社員として仕事を持っているが家計が苦しくてやむえずバイトをしている人。
今の不景気な状態では、給料アップ期待できません。
住宅ローンや子供の教育費等で掛け持ちでバイトせざる得ない状況になっている人も多くいるでしょう。

 

問題は前者おの40代でずっと定職につかずに40代を過ぎてもバイトや派遣で生活してきた男性、そして40代でリストラにあい、バイトで生活をしている人達です。40代を過ぎた男性はバイトで本当に採用してもらえず雇ってもらえません。
仮に雇われたとしてもファーストフードやコンビニ等で高校生と同じ仕事をすることになりかねません。
周りの人から蔑んだ目で見られることも多く精神的にも追いつめられることもあり得ます。
もちろん、40歳代の方の中にはリストラになったのは会社の都合で若い時はバリバリ働き、それなり仕事もできる方もいると思います。しかしアルバイトを採用する側からみれば、本人の能力以外にも採用要件があるのです。
一つ上げるとすればそれは指示のし易さです。
例えば職場が20代中心の場合、20代の人が40代の人に命令や指示は出しにくいはずです。
日本には年功序列という慣習があります。道徳でも年上には敬うことと小さいころから教われていると思いますが
そのような慣習が染みついているので、いくら仕事とはいえどうしても年上の人には
遠慮しがちです。これが例えば高校生や学生等若い人であれば、気を使わずドシドシ指示を出せるので仕事が円滑に進みます。そもそもたいていのバイトの採用基準としては、能力の高さより、命令したことを素直に確実にやってもらえるかと
いうことに重点が置かれます。スキルが求められる仕事もありますが、たいていのアルバイトの場合スキルの高さよりや真面目さ素直さ若さ等が求められます。
そういった事情もありなかなか40台の人間はバイトでも採用してもらえないのです。

 

 

40代におすすめなバイト

 

警備員

 

まずお奨めなのが警備員の仕事です。人気のないバイトなので若い人が少ないので
比較的中高年の方が多いので直ぐになじめるのではないでしょうか?
あまり体も動かさないので体力に自信がない方でも可能です。
でも逆に体を動かさないので、雪等の寒い時は辛いかもしれません。

 

工場内作業

工場内作業も業種により様々です。
食品もあれば自動車部品の製造もある。また製造もあれば商品管理等の荷物の移動もあります。
共通しているところは比較的に年齢層も高めてで屋内作業なので
暑さや寒さにそれほど影響しないことでししょうか?
単純な繰返し作業が多いのが特徴です

 

 

現場作業

 

いわゆる現場系作業の仕事も多数ありますが、お奨めなのが建築系作業員です。
未経験の場合、掃除等の簡単な仕事が多いです。力仕事もありますが
引っ越し等に比べてたら断然楽です。
ただ汚れることが多いのでその辺が気にならない方にお奨めです

 



Ads by Sitemix