seo の効果は費用対効果で判定するべき

seo の効果は費用対効果で判定するべき

イメージ

 

SEO対策は集客のために行うわけです。キーワードによって
アクセス数や問い合わせコンバージョンが違う場合があります。
黒字ならば問題ないでしょうが赤字になる場合もあります。

そこで費用対効果で判定しなければなりません。
費用対効果とは一定の売り上げを上げるためにどのくらいの
費用がかかったかという比率のことです。

 

例えばネットショップの売り上げを7万円上げるため
SEO対策なら3万円、Googleアドワーズなら4万円 、バナー広告なら
5万円とコストがかかったとします。最も効果があったのが
手間を無視して最も費用対効果があがったのがSEO対策と言えます。
またショップが利益を確保するためコストを5万円以下に抑える必要があるとすれば
バナー広告は赤字と判断することができるんもです。

 

ここで問題となるのはどのように効果測定するかです。
上記にのような広告やSEO対策など様々広告プロモーションを同時行うと
どの経由からどのくらい成果を上げたかということが分からないのです。

 

このような問題を解決するためにアクセス解析があるのです。
アクセス解析はGoogleアナリティクスが一番有名ですが
Googleアナリティクスを利用すればどのプロモーションがどれくらい
成果が上げているか、判読できるようになります。
だからSEO対策やリスティングをやるならまずアクセス解析は導入しなければなりません。
アクセス解析を導入することで無駄うちを避けることができるからです。

PR: 成果報酬seoサービスで検索順位を上げる

 



Ads by Sitemix