私設私書箱が使われた詐欺被害

私設私書箱が使われた詐欺被害

"名義貸しの和解金やトラブルを解決するという名目で、現金を要求されるという詐欺被害の事件がありました。
詐欺被害にあったのは、70代の女性だったのですが、警察が食い止めたために、女性は被害に合わずに済みました。
その女性は、200万円を佐川急便の宅急便で送ってくれと要求されたものでした。

 

警察によると、女性は、目がソーラーの発電事業の投資の勧誘をされたそうで、自宅にパンフレットが届きました。
その後、環境促進組合と名乗る男から、投資の権利を別の人に譲ってほしいと電話がきたそうです。
そして、すべてその言われる通りにした後に、譲った人が法人名義で投資したためにトラブルになった、お金を払わなければ、女性の口座が凍結されると言われたそうです。

 

その時の送金先に指定されたのが、私設私書箱でした。
最近の振り込め詐欺事件は銀行の口座宛ではなく、こういった何でも受け取ることができる私設私書箱を利用したものが増えてきています。
この時、なぜ食い止めることができたかというと、佐川急便が全国の警察と協定を結んでいることにありました。
今までに犯罪に使われた宛先と照合したところ、一致したために配達を差し止めして通報にいたったのです。

 

私書箱も、こういった犯罪事件以外に悪徳金融にも利用されています。
この被害が多いことから、インターネット上などでは、被害が確認されている送金先一覧が掲載されています。
妖しい、なんかおかしいと思ったら、それを利用したり警察などに相談するようにしましょう。"


Ads by Sitemix